社会恐怖(社会不安障害)

対人恐怖症、あがり症、赤面症

社会恐怖(社会不安障害)について

社会恐怖は、社交不安障害とも呼ばれ、さまざまな社会状況、例えば公の場で話すこと、公衆便所を利用すること、会話すること……などの状況で当惑させられるようなことが起こるのではないか?と恐怖が生じることが特徴です。

臨床症状

  • 羞恥恐怖性
    • 対人場面で注目されたり恥をかくことを恐れます。
  • 状況依存性
    • その恐れは特定の状況で増悪します。
  • 不安喚起性
    • そのため人前に出ると強い不安が生じます。
  • 身体表出性
    • 赤面、動悸、ふるえなどの身体的変化を伴います。
  • 性格起因性
    • 自己の「性格的欠点」に由来すると悩みます。
  • 現実回避性
    • 対人場面を回避します。

関連記事