全般性不安障害

全般性不安障害について

他の不安障害や気分障害と共存することが多い疾患です。
よくみられる疾患で、50%は他の精神障害にも罹患しているといわれます。男女比はおよそ1:2です。

実際に精神科を受診するのは1/3にすぎないといわれ、多くは内科医、循環器専門医、呼吸器専門医などを受診し、この障害の身体的要素の治療を求めているとされます。

臨床的特徴

不安、運動性緊張、自律神経系の過活動、および認知的過覚醒。不安は過剰で生活のさまざまな側面が障害されます。

運動筋肉の緊張は、振戦、落ち着きのなさ、頭痛に最も現われます。
自律神経系の過活動は、呼吸促迫、多汗、動悸、および胃腸系症状に現れます。

認知的過覚醒は、易刺激性と驚きやすさによって明らかになります。慢性の下痢といった症状で内科医を受診することもあります。

関連記事